« 性格の不思議 | トップページ | 心の不安が生んだリストカット »

好かれる人ってどんな人?

誰でも皆、好かれたいって思うことでしょう。

では…

好かれる人ってどんな人でしょうか?

美男美女?確かに異性には好かれるかもしれないですね。笑

性格がいい人?でもいい性格って言っても人によっていいって思う性格や求める性格は違いますよね。

では人に好かれる人とはどんな人?

それはある事が上手な人です。

 

それは”ホメること””話を聞くこと”です。 と言われてもピンとこないと思いますので、もちろん理由も述べます。

相手をホメる=相手を良く思っているという事を言葉に         出して伝えると考えてください。 (何かの         目的を達成するためのお世辞とかもあり         ますが)人は自分を良く思ってくれる人に          対して好意を抱きます。

相手の話を聞く=相手の気持ち、考えを受け入れると           考えてください。人は自分を理解して           くれる人に好意を抱きます。

しかし、お分かりだと思いますが、ただホメるだけ、ただ聞くだけでは意味がないことばかりか時には嫌われてしまう事だってありえます。

そこで上手なホメ方、聞き方とはどんなのでしょうか?

まずホメる時のタイミングとしては機嫌が悪いときよりいい時に、初めて会った人は別れ際に。

そしてホメる時はお世辞じゃなく本当にいいと思うところをホメる。もし、いいところが全然ない人をホメる時は出身地、仕事、車など関係している事や物でも構いません。

周りから良くホメられる人をホメるときは周りと違うところをホメる。

また第三者を通して間接的にホメ言葉を伝えるのもいいですね。

今度は聞き方です。 

さて、ここで何で僕は上手な会話でもなく上手な話し方でもなく上手な聞き方に目を向けたと思いますか?

それは人に好かれるための会話では相手が興味がある事や好きな事の話題で相手がたくさん話すような会話をしたほうがいいのです。

相手がたくさん話すって事はそれだけ心を開いてるって事ですから。

でも自分が多く話して相手を楽しませたり笑わせたりして好かれることだってある!

という人も当然いますよね?はっきり言ってそれは十分ありえます。

でも本当に好かれたいなら相手の心を開くことです。

何故かって?

それは、自分が相手に気に入られようとおもしろおかしく話して好かれるよりも相手にとって本音で話せる数少ない良き理解者になった方が同じ”好かれる”でも重みが違うからです。

では肝心の上手な聞き方とは?

先ほど自分よりも相手に話させるようにすると書きましたがだいだい話す割合としては自分3~4:相手6~7ぐらいを意識するのがいいと思います。

そして相手の興味のある分野で会話し共感を示したり興味を示したり、それをちゃんと言葉や態度で表すことにより、やがて相手はあなたに本音を話すようになり心を開いてくれるでしょう。

ほら、親友って何でも話せるでしょ?

それはあなたが心を開く事ができて、ありのままの自分を受け入れてくれる人だから。 

心理カウンセリング通信講座

おまけ…人が人に好意を寄せる時(人)

      ①ホメられた時

      ②話を聞いてくれた時

      ③苦楽を共にした時

      ④秘密を共有した時

      ⑤自分ができない事ができる人

             ⑥似た様な経験をしてきた人

|

« 性格の不思議 | トップページ | 心の不安が生んだリストカット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213890/5313001

この記事へのトラックバック一覧です: 好かれる人ってどんな人?:

« 性格の不思議 | トップページ | 心の不安が生んだリストカット »